挑戦促す社内風土醸成を 改革人材創出へ提言 情報サービス産業協会

2013.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

評価制度事例など紹介

 情報サービス産業協会(浜口友一会長)は、IT企業の発展に向けて、報告書「創造的改革人材(イノベーション人材)が活躍する環境の実現を目指して」をまとめた。ITによって新ビジネスを生み出し、様ざまな課題解決に向けた改革を実行できる人材を企業内で発掘・創出する際の課題と実践手順を提示。自由な発想を妨げず、挑戦することを助長する社内風土づくりが重要と指摘している。人事制度の見直しや表彰制度の運用などの企業事例も紹介している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月23日第2938号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ