人単位の期間規制も 派遣制度見直しで講演 派遣協・賀詞交歓会

2013.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本人材派遣協会(家中隆会長)は1月22日、平成25年新年賀詞交歓会・講演会を東京都内のホテルで開催した=写真

 戸苅利和法政大学大学院客員教授が、「労働市場の変遷から読みとく労働者派遣事業への期待」と題して講演。これまでの派遣事業規制の動きを解説したうえで、今後の派遣制度見直しの方向性に言及。派遣期間の上限の設定方法について、「派遣労働者が就いている業務ごとの規制から、労働者単位の規制へ変更することが考えられる」と指摘した。この場合は、常用代替防止の措置の導入が見込まれるとした。

関連キーワード:
平成25年2月4日第2907号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ