運転者の労災防止 荷主230団体に協力要請 全ト協

2013.02.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

設備対策など強化へ 荷役作業で災害多発

 全日本トラック協会(星野良三会長)は、荷主業界団体や荷主企業に安全対策徹底を呼びかけるキャンペーン「労災防止特別対策」を開始した。このほど、荷主関係の約230団体を対象に、傘下企業での対策実施に向けた文書要請を行った。荷役作業の有無・内容に関する運送事業者側への事前通知や、荷役作業における墜落災害防止設備の設置などを求めている。多発している荷主側施設での労災を防止するのが狙いで、荷主関係者への要請は今回が初めて。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年2月4日第2907号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ