2カ月で9千人超 差押さえなど実施 年金機構

2014.05.19 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日本年金機構は、昨年12月に厚生労働省の専門委員会が提言した国民年金保険料の徴収強化方針に基づき、平成26年2~3月において9000人を超える未納者に対して財産調査や差押さえを実施した。

 26年1月までに督促した強制徴収対象者のうち、控除後所得400万円以上かつ未納月数13月以上の未納者9252人に対して集中対処した。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年5月19日第2969号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ