ストレスチェック 3領域の検査が必須 厚労省が省令・指針・通達

2015.05.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

部・課単位で分析も 労働者同意は書面などで

 厚生労働省は、平成27年12月に施行する「ストレスチェック制度」の運用に関する省令、告示、指針、通達を公布・作成した。ストレスチェックは、労働者50人以上の事業者に対し、毎年1回、定期的な実施を義務付けている。検査項目は「ストレス要因」「ストレス反応」「周囲の支援」の3領域とする。検査結果は、集団ごとに分析し、心理的負荷を軽減する対策の実施に努めなければならない。検査実施者が必要と認めた労働者からの申出により、医師による面接指導の実施を義務付けた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成27年5月11日第3016号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ