コンビニ店主も”労働者” 大手FCへ団交命令 岡山労委

2014.04.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

事業者の独立性希薄と

 岡山県労働委員会(宮本由美子会長)は、フランチャイズ(FC)契約の締結先である加盟店主(労働組合員)の団体交渉を拒否した㈱セブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)の不当労働行為を認定した。同社は、契約に労務提供義務を規定していないと主張したが、年中無休・24時間の店舗営業が義務付けられており、店主やその家族従業員が相当時間接客に従事しなければならないなどと指摘。同社の業務遂行に不可欠な労働力として事業組織に組み込まれていると判断した。「事業者の独立性は希薄で労働組合法上の労働者に当たる」と団交応諾を命令している。同労委によると、FC契約でコンビニ店主の労働者性を認めたのは初めて。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月21日第2965号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ