道路貨物運送業・監督結果 半数で違法な時間外労働 東京労働局

2014.04.21 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

割増不払いは3割 労働時間を把握せず

 東京労働局(西岸正人局長)は、平成25年に実施した道路貨物運送業への臨検監督結果を取りまとめた。立入調査を行った事業場の5割で、時間外・休日労働協定(36協定)の範囲を超えて時間外労働に従事させるなどの「労働時間」違反が発覚。割増賃金を適切に支払っていない事業場も3割を占めるなど、全体の8割近くで労働基準法違反がみつかった。労働時間を正しく把握できていないために、違法な長時間労働や割増賃金不払いにつながっているケースが少なくない。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月21日第2965号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。