14春闘 好循環へ真摯な議論の跡 中堅層もベア1500円

2014.04.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

定昇春闘から風景一変

 業界大手を含む中堅・中小クラスの賃上げ状況を本紙が探ったところ、「ベースアップ」で春闘交渉を終えた企業の平均妥結額は1500円ほどで推移していることが分かった。昨年、賃金カーブ維持で終わった同一47組合の平均は1350円となり、交渉のテーブルに着いた多くの労使が、経済の好循環に向け真摯な議論を交わした跡がうかがえる。電機1898円、機械金属1416円、流通2077円などとなり、長らく続いた定昇春闘とは一変、違った風景が広がりつつある。(6面に回答・妥結一覧)…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年4月7日第2963号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ