介護報酬 基本給への反映1割 日本介護福祉士会

2014.02.24 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

大半が一時金や手当 恒久改善につながらず

 公益社団法人日本介護福祉士会(石橋真二会長)は、介護職員の処遇改善に関する調査概要を取りまとめ、介護保険制度の見直しに向けた参考資料として厚労省社会保障審議会に提出した。平成24年度の介護報酬改定後に処遇改善を行った会員は4割強で、「一時金の支給」(6割弱)や「手当の増額」(3割強)が大半だった。「基本給への反映」は1割に過ぎない。「介護報酬改定後も一時的な内容が中心で処遇改善が恒久的なものになっていない」と指摘している。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年2月24日第2958号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ