”事務所像”の明確化がカギ 相馬塾セミナー

2014.02.03 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 社会保険労務士のサポートを行っている相馬塾(代表・相馬郁男社会保険労務士法人相事務所所長)はこのほど、社労士試験合格者を対象に都内で「開業セミナー」を開催した=写真

 「顧客の心のつかみ方」をテーマに講演したアドバンス社会保険労務士法人の長沢有紀代表社員は、「社労士のニーズは年々高まっているが、最近の業界をみると顧客はシビアになっており、開業には真面目な努力と覚悟が必要」と強調。10年後を見据えて「めざす事務所像」を明確にする必要があると述べ、それによって職員の採用や教育も変わるとした。

関連キーワード:
平成26年2月3日第2955号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ