緊急医療 宿日直手当のみ半数 割増との併給は4割 日本病院会

2014.01.13 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

確定判決受け実態調査

 宿日直許可を受け、「緊急医療」を行う病院の半数が「宿日直手当のみ」、4割が「時間外割増との併給方式」で賃金を支払っている実態が、一般社団法人日本病院会(堺常雄会長)の調査で分かった。産婦人科医の時間外・休日手当に関する高裁判決により、「宿日直勤務は待機時間も含めてすべてが勤務時間」とする考え方が確定、宿日直手当に加えて実際の診察時間に時間外割増を支払う併給方式が否定されたため、実態把握に踏み切ったもの。通常労働扱いとなれば人件費が増大するため、診療報酬などで補う必要があるとしている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年1月13日第2952号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ