ISO26000 労組の活用意義「大」

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

全労生・八野副議長が紹介

 労働組合の立場から生産性三原則に基づく生産性運動を推進する全国労働組合生産性会議(全労生)の内部に設けている「ISO26000の活用と労働組合の役割に関する特別委員会」で委員長を務める八野正一副議長は、企業のカウンターパート機能を高めるためにも、労働組合がISO26000を活用する意義は大きいと話した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ