日本労働弁護団主催集会 雇用WGの「たたき台」批判を

2013.05.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

解雇規制緩和許すな “限定正社員”は迂回戦術

 政府の規制改革会議・雇用ワーキンググループが取りまとめようとしている「たたき台」を徹底的に批判すべき日本労働弁護団が5月15日に東京(連合会館)で開いた「解雇規制の緩和に反対する集会」で、水口洋介幹事長は会場を埋めた聴衆に呼びかけた。今現在、消えたようにみえる産業競争力会議の長谷川閑史議員による解雇規制緩和論についても、「一般正社員より解雇しやすい限定正社員の創設を突破口とする迂回戦術。参院選の結果次第で再浮上するのは必至」とみており、警戒を促している。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月27日第2922号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ