日本労働弁護団が集会 奴隷労働に逆戻り 時間規制緩和で棗弁護士

2014.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 日本労働弁護団が7月17日に東京で主催した集会の冒頭、棗一郎常任幹事は労働時間規制緩和の動きに対し、「問題の本質は残業代ゼロではなく、使用者がすべてを支配してしまうこと」と述べ、奴隷労働に逆戻りする危険極まりない制度だと反対を訴えた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月4日第2979号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ