国交省の改正通達 処分逃れ効果あり 交通労連政策部長

2014.09.08 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 今年4月の貸し切りバス事故を受けて国土交通省が近く見直す関連通達について、交通労連の鎌田佳伸政策部長は、「やっとの感は否めないが、効果はある」と述べた。

 通達改正は、処分逃れをした事業者・役員の再参入を防ぐのが目的で、4月の事故の事業者が、運輸支局による許可取消し手続き開始後に事業廃止を届け出た行為を悪質と判断したもの。処分前に社名を変更して再び参入するのを防ぐ。

 事業許可の申請者が、申請前2年間に事業を廃止した者(事故当時の常勤役員も含む)でないこと、との要件を加える。

関連キーワード:
平成26年9月8日第2984号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。