ルール順守申入れ 特区運用で福岡市長に 九州労働弁護団

2014.08.11 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 全国一律の労働条件に関する規制を「特区」に限って緩和するのは、憲法27条2項違反のおそれがある――政府が「雇用特区」に位置付けた福岡市を活動エリアに収める九州労働弁護団(服部弘昭会長)は7月17日、労働ルールの尊重について、同市の高島宗一郎市長に申し入れた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成26年8月11日第2980号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ