【今週の視点】企業内大学の効用は?

2013.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

社員のやる気引き出す 学びと成長の機会提供

 近年、「企業内大学」への関心が高まっている。OJTや、通常の研修などでは伝えきれない専門知識や企業理念を学べる機会提供の場として機能しているようだ。人材育成の一環で、大学の講義のように必修講座と選択講座があり、社員が自分で受講プランを立てて参加できる形態が一般的だが、企業ごとに様ざまな進化も。事例を基に、効用について考えてみたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年11月4日第2943号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ