【今週の視点】残業削減の有効策は?

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

仕事のやり方見直し 全員参画で意識統一へ

 長時間残業をなくし、働きやすい職場にするため、オフィス内の作業環境を改善するとともに、仕事のやり方や働き方そのものの見直しに取り組む企業が増えている。トップ方針の下、全社員が参画する仕組みづくりと、具体的な取組みの継続が欠かせない。段階的な定時退社運動の推進、会議時間の削減、フリーアドレス制の導入など先進企業の取組みが参考になる。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月5日第2931号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ