【今週の視点】グローバル人材どう育てる?

2013.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

新人のうちに海外体験 新・青年協力隊活用も

 グローバル展開を加速する企業の動きがめだつ。海外で活躍できる真のグローバル人材が求められるなか、先進企業の事例から効果的な育成方法について考えてみたい。会社の色に染まっていない新人を早くから海外現地法人に送り込み、実務経験を通して鍛える手法が増えてきているのが特徴だ。青年海外協力隊制度の民間会社向けメニューの人気も高まっている。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年9月23日第2938号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ