【今週の視点】高齢者雇用で役職定年復活?

2014.11.10 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

定年前から賃下げ 職務基準が納得性高い

 役職定年制は、最近ではあまり話題に上らなくなった。しかし、改正高年齢者法の関係で、形態を変えながら再登場する機会がめぐってきた。なぜなら再雇用後の賃金原資とするため60歳前の賃金を調整する場合、「役職離脱による賃金引下げ」という理論構成が最有力な選択肢となるからだ。能力・職務基準の賃金制度を前提とすれば、それ以外の理由付けは難しい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月10日第2992号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ