【今週の視点】 “現場のリアル”労組が伝達

2013.03.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

「就活」に貢献余地大 会社のため自らのため

 “現場のリアル”を知るからこそ、また自らの組織強化という観点からも、労働組合による就活サポートの意義は大きい。会社の広報には載らない実情を伝えればミスマッチ防止の期待も高まるし、ユニオン・ショップ制を敷かない会社であれば、取組みを通じた労組のPRにもなる。労使異論のない優秀な人材獲得に貢献できる余地は大きい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年3月4日第2911号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ