【今週の視点】パワハラ対策の決め手は?

2013.01.21 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

管理職の気付き促す テストで気軽にチェック

 過去3年間に、4人に1人の割合でパワーハラスメントを受けていることが昨年末の厚生労働省の調査で明らかになった。うつ病から自殺への遠因ともなっている「職場のいじめ」対策の重要性を示すものといえ、同調査を基に、効果的な対策のあり方を考えてみたい。加害者本人の気付きを促すためのパワハラ度チェックが効果を上げている企業事例も紹介する。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年1月21日第2905号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ