【今週の視点】精神障害者雇用 本紙小欄で学びを

2015.09.14 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

義務化まで3年切る 好評を博す的射た視点

 精神障害者の雇用義務化まで余すところ3年弱。統合失調症や躁うつ病などの障害が法定雇用率の算定基礎に加わることになり、5年間の激変緩和期間が置かれるとはいえ、厚生労働省が今後示す数字への期待や不安が高まっている情勢だ。とりわけ企業の実務担当者が抱く後者を解消するためにも、的を射た解説で好評を博している本紙小欄を参考にしていただきたい。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成27年9月14日第3032号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ