オンライン化徹底を 行政手続簡素化へ提言 同友会

2017.09.20 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済同友会は、行政手続きの簡素化・効率化に関する提言を取りまとめた。法人設立手続きや税・社会保険の申告・納付手続きをオンラインによってワンストップで行えるようにすることで、ビジネスのしやすさを世界銀行が順位付けする「ビジネス環境ランキング」での順位改善を実現するよう訴えている。

 政府が「2020年までにビジネス環境ランキングで先進国中3位以内に」という目標を掲げるなか、日本は26位(17年)にとどまり、年を追うごとに順位が低下しているのが現状だ。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
平成29年9月18日第3129号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。