前例なくても登用 女性のキャリア形成へ 技能協セミナー

2017.09.21 【労働新聞】

 日本生産技能労務協会(清水竜一会長)は9月5日、製造現場における女性のキャリア形成の進め方や、製造請負優良適正事業者認定制度をテーマとしたセミナーを東京都内で開催した。

 神奈川大学経営学部の浅海典子教授が「今こそ! 製造現場で働く社員のキャリア形成と女性活躍」と題して講演し、製造業12社の女性管理職に実施したインタビュー結果を踏まえ、キャリア形成の方法を解説=写真。「女性ラインリーダーのキャリアは多様。職種転換があったり、育児休業や介護休業後の再登用、育児期に退職した企業への再就職もあるなど、一本道とは限らない」と指摘。「前例がないなどといわず、育成・登用の可能性を探ってほしい」と訴えた。

掲載 : 労働新聞 平成29年9月18日第3129号2面

あわせて読みたい

ページトップ