接触防止に専用通路 熱中症対策も確認 神奈川労働局パト

2017.09.20 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 神奈川労働局(姉崎猛局長)は、建設業における「安全の見える化」推進重点期間の取組みの一環として、(仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター建設工事をパトロールした=写真

 久富康生労働基準部長らは、歩行専用の通路を設け車両との接触事故を防止したり、熱中症のリスクを示すWBGT値を測る小型の計測器を持たせて危険を可視化する様子を視察。暑さ軽減のため設置したミストファンや、清潔に維持されているトイレも確認した。巡回後は、「安全に加え、作業員が快適に働ける環境が構築できている」と講評した。

平成29年9月18日第3129号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ