計画年休は年3日 段階的に働き方改革実施 アシックス

2017.08.01 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ㈱アシックス(兵庫県神戸市、尾山基代表取締役社長CEO、900人)および関連会社であるアシックスジャパン㈱は、計画年休やフレックス制導入などの働き方改革を段階的に実施し始めた。経営方針で定めた「人事システムと働く環境を整え、多様な社員の能力を最大限活かす」の達成をめざし、新人事制度を導入したほか、インフラ環境を改善している。

 7月から導入した「計画年休」では、年初(今年のみ7月1日)に年次有給休暇を取得したい日を3日間申請させるもの。これとは別に「スポーツ休暇」として、社員自身がスポーツをする、もしくは観戦する日を2日間提出させる。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月7日第3123号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ