ハンドブックつくる 外部へ相談窓口も設置 大京グループ/介護離職防止対策で

2017.07.25 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 介護離職ゼロをめざし――大京グループは、「備え」から「仕事との両立」までを盛り込んだハンドブックを社内イントラ上で公開する取組みをスタートした。社員の家族も利用することができる「相談ほっとライン」も開設している。

 同グループは不動産開発業を行う㈱大京や㈱穴吹工務店など13社で構成。昨年グループ内で実施したアンケートで、「今後5年間で家族の介護にかかわる可能性がある」とした社員が3人に1人に上ったことが取組みの背景だ。介護に直面している社員に対する支援に加え、今後介護に携わる社員に対して、事前の情報提供が必要と判断した。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成29年7月24日第3122号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ