不安取り除き介護離職防ぐ HRカンファレンス

2014.12.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 人事サービス支援業の㈱アイ・キュー(東京都港区、林城社長)は、11月18~20日、人材採用・育成・労務に関する大規模イベント「日本の人事部HRカンファレンス」を大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開催した。学識経験者による講演や、企業の事例発表などを行った。

 グループワークを盛り込んだセミナーも実施=写真。「東京ワークライフバランス認定企業」のセントワークス㈱(東京都中央区)の大西徳雪社長が、介護離職を防ぐための企業施策のポイントを解説した。参加者からは「介護の支援制度を知らず、仕事との両立に不安を感じている社員が多い」といった意見が挙がり、「不安解消のために事前の情報提供が大切」とアドバイス。対策の第一歩として、不安や介護ニーズに関する社内調査の実施のほか、会社方針の表明や相談窓口の設置、会社制度のガイドブック作成などを勧めた。

平成26年12月1日第2995号2面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ