【トピックス】現場改善へ女性の目生かす ”じゅうたく小町”が活躍 技術者同士で情報交換図る 低住協

2017.07.19 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 ハウスメーカーなどで構成する全国低層住宅労務安全協議会(以下、低住協)は、住宅建築現場で働く女性技術者・技能者を「じゅうたく小町」としてサポートしている。会社の枠を越えて情報交換を図り、結束を強めて現場環境改善につなげるのが狙い。「建設現場の環境整備」「技術者としての勤続促進と支援」「育児と仕事の両立支援」の3つを活動の目的としており、女性用仮設トイレの設置など女性の視点を生かした改善活動を進めている。低住協では、昨年5月「じゅうたく小町部会」を発足させており、継続的な活動をしていく。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月15日第2286号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ