安全標語&川柳大賞作品を表彰 低住協

2012.12.15 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 「無事故こそ 次につながる いい仕事」――。全国低層住宅労務安全協議会(宗像祐司会長)は毎年「安全標語&ブラック川柳」を募集しているが、今年は大賞にケイミューホームテック㈱の中真一さんの作品に決まった。

 表彰式は11月12日、牛込箪笥区民センター(東京・新宿区)で開かれた「安全大会『安全衛生研修会』」で行われた(写真)。

 このほかにも「落ちるなら 戻せば良かった あの手すり」「多すぎる 『でかした』よりも 『しでかした』」「あと何年 不自由な身体で 生きるのか」など教訓や皮肉の利いた作品が賞を受けている。

関連キーワード:
平成24年12月15日第2176号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。