トイレの快適化でプロジェクト始動 低住協

2018.04.02 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 全国低層住宅労務安全協議会(石野健二会長)は2月26日、墨田総合体育館で「第1回快適トイレ推進プロジェクト会議」を開催した。住宅建築現場に設置している仮設トイレを洋式便座、水洗機能などを備えたものに替えていこうとする取組みで、2020年5月まで定期的に実施する。

 当日は、先行企業の事例紹介や組織体制の報告などが行われた。石野会長は「5、10年後にトイレが和式のままというのは想像がつかない。この活動が軌道に乗ればよい」としている(写真)。

平成30年4月1日第2303号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ