「金銭設計」を支援 愛知経協がガイドブック

2017.07.13 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 愛知県経営者協会(加藤宣明会長)は、従業員の金銭面における生活設計(ライフプラン)支援に関するガイドブックを作成し公表した。

 同ガイドブックでは、①従業員のニーズを把握、②支援の内容や対象者の優先順位考案、③実行――の手順に分けて取組みを解説している。

 ①ニーズ把握では、アンケートなどで、年金、再雇用制度といった社内・外の制度の認知度や、現在・老後の不安事項などを尋ねるもの。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月10日第3120号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ