労働金庫 正しい金融知識促す 全国633店舗にDVD カードローン問題受け

2017.07.06 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 労働金庫が7月から、多重債務問題の再来が危惧されているカードローンの適正利用を促す活動に乗り出した。全国の労働金庫から会員の労働組合が催す勉強会等に講師派遣を行うなど、広く金融教育を実施していく考えだ。その際に使う啓発用のDVDもこのほど完成させた。2016年の自己破産件数が13年ぶりに増加に転じた背景に、「年収の3分の1まで」とする貸付の上限規制が適用されないカードローンを利用する消費者側の金融知識の乏しさもあるとみて行動に移す。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月3日第3119号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ