民主マニフェスト 達成度を高く評価 連合・新谷氏

2012.07.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 連合の新谷信幸総合労働局長は、民主党の機関紙「プレス民主」7月6日号の紙上で、労働分野のマニフェスト達成度を高く評価している。

 とくに、「骨抜き」とマスコミに報道された改正労働者派遣法については、労働者保護規定は政府提出法案どおり無修正のままである点を強調。日本初の「雇用申込みみなし制度」も、違法派遣の抑止力としての効果が期待されるとしている。

関連キーワード:
平成24年7月16日第2881号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ