【特集1】効果倍増! 体感教育受講の極意 「間違い」を理解できる人を育成 階層別で異なる効果狙う

2017.06.29 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 体感教育は災害の怖さを実感するだけでなく、間違いを理解してこそより良い教育効果が期待できる。最近は、「聞く」「見る」から「考えて感じる」ことへと変わりつつあると、IK安全サポートの小出代表取締役はいう。また、初級者、管理者、監督者など受講者の階層によっても教育の狙いは変わってくる。体感教育の効果をアップさせる進め方を解説してもらうとともに、実際の体感教育の現場をレポートする。(編集部)…

執筆:㈱IK安全サポート代表取締役 小出 勲夫

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月1日第2285号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ