高卒現業職の初任給20万円 東武鉄道・23年から

2022.07.05 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 東武鉄道㈱(東京都墨田区、根津嘉澄取締役社長)は、鉄道設備のメンテナンス業務などを担うグループ内の機能別会社4社で、高卒初任給を2023年度から20万円に引き上げると明らかにした。21年度実績の18万1500円から大幅アップに踏み切るもので、今春入社した計50人にも遡って7000円増の18万8500円を適用する。

 近年、離職者が増えている現状に鑑み、初任給の改定で優秀な人材の確保、働きがいの向上を図るのが狙い。入社4年目までの若年層の基本給も4月に遡って最大7000円引き上げる。定期昇給分と合わせ、2年間で約1割の底上げになる。

 同社のポテンシャル採用(大学・大学院卒対象の総合職)の初任給も改善する。21年度の21万8500円に対し、今春入社者には22万3500円を遡及適用し、23年度には23万円まで高める。

関連キーワード:
令和4年7月4日第3359号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。