岸田総理ら政党代表招き初対話 令和臨調・発足大会

2022.07.06 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済界、労働界、学識者などの有志で組織する令和国民会議(=令和臨調。主宰・日本生産性本部)は6月19日、発足大会を開催した。

 冒頭では共同代表の茂木友三郎氏(キッコーマン㈱取締役名誉会長、取締役会議長)が発足を宣言し、「平成時代以来、先送りされてきた積年の課題で、とくに立場や党派を超えて取り組まなければ解決困難な課題に取り組む。一歩でも改革を前に進めるために汗をかきたい」などと挨拶した(写真)。第二部では、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和4年7月4日第3359号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。