週20時間未満も雇用率の対象に 厚労省案

2022.05.09 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は労働政策審議会障害者雇用分科会を開き、障害者雇用率制度の算定対象に週所定労働時間20時間未満の短時間労働者を加える案を提示した。週20時間未満で働く精神障害者が増加していることなどが背景にある。

 現行制度では、雇用している週20時間以上30時間未満勤務の障害者1人につき原則として「雇用者0.5人分」としてカウントしている。20時間未満の障害者を制度の対象に加えた際に何人分としてカウントするかは、今後検討する。

令和4年5月2日第3351号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。