視野障害事故防止を 運転者に簡易検査促す 国交省

2022.04.15 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 国土交通省は、視野が狭くなるなどの視野障害による事故を防ぐため、自動車運送事業者に向けて社内教育や簡易検査方法などを解説した対策マニュアルを策定した。現在、複数の事業者にモニターとして眼科健診の受診を求めており、今後、実証結果を基に課題や必要な対応策を検討し、優良事例を加えた指針を策定するとしている。

 視野障害は、視野が狭くなったり一部欠けたりする症状で、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年4月18日第3349号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。