労災メリット制コロナは対象外 厚労省・省令

2022.02.16 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は1月31日、新型コロナウイルスを労災保険のメリット制の対象外とする省令を公布・施行した。事業主が感染防止対策を講じたとしても、感染を完全に防ぐのは難しい現状を踏まえた対応で、業務上疾病として、保険給付や特別支給金の給付をしても、メリット制の算定に組み込まない。

 メリット制は労災の給付実績から、個別の事業主の保険料率を±40%の範囲で増減させる制度。事業主の労災防止の促進や保険料負担の公平性の維持を目的としている。

令和4年2月14日第3340号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。