情報通信業がトップ メンタル疾患の有病率 健保連

2022.02.14 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 主に大企業が加入する健康保険組合連合会は、業種別の健康状態に関する調査結果をまとめた。それによると、業種別の気分障害の有病者割合は情報通信業が2.7%で最も高く、電気・ガス・熱供給・水道業と学術研究・専門・技術サービス業が2.4%、機械器具製造業が2.3%と続いている。全体の平均は2.0%だった。

 低い割合を示したのは…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和4年2月14日第3340号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。