拠出金の上限設定を 皆保険維持に向け提言 健保連

2021.11.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 健康保険組合連合会(健保連)は国民皆保険制度の維持に向け、高齢者医療制度への拠出金負担に上限を設けることなどを提言した。現役世代の負担軽減が喫緊の課題と訴えている。

 現行の健康保険制度では、高齢者医療を支えるため、65~74歳の前期高齢者については保険者間の財政調整、75歳以上の後期高齢者については…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月1日第3327号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。