社員の連携強化へ 連想ゲームから同僚知る オンライン新年会 うるる

2022.02.09 【労働新聞 ニュース】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 クラウドワーカーを活用した事業を展開している㈱うるる(東京都中央区、星知也代表取締役社長)は、任意参加型の「オンライン新年会」を開催した(写真)。社員間の連携強化に向け、提示した情報から該当する社員を当てる連想ゲームなどを実施している。「実家がお茶屋さんで埼玉西武ライオンズファンの社員は?」などの問題を出題した。

 コロナ禍の影響で、所属する部署以外の人材と話す機会が減った社員は少なくない。「仕事を依頼する際、知らない人では気後れしてしまう」との声もあり、交流を密にする必要があった。全社員222人のうち約160人が参加した。

令和4年2月7日第3339号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。