オンライン前倒し コロナ禍で新たなつながり 厚労白書

2021.08.30 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省は「令和3年版厚生労働白書-新型コロナウイルス感染症と社会保障-」を発表した。新型コロナ感染拡大防止の観点から従来取り組まれてきたオンライン化の前倒し実施や拡充が行われたとしている。

 デジタル技術の活用は、コロナ禍における人と人との接触回避が求められる局面だけでなく、…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年8月30日第3318号1面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ