75%が長期休暇取得 アキュラホーム 新制度実態調査で判明

2017.05.19 【労働新聞】

 木造注文住宅を手掛ける㈱アキュラホーム(東京都新宿区、宮沢俊哉代表取締役社長、1055人)は、昨年から始めた社内独自の「長期休暇制度」に関するアンケート調査を発表した。同制度は、年末年始・夏季休暇とは別に9日間の連続休暇取得を推進するもの。4分の3以上の社員が連続休暇を取得し、8割の社員が「仕事の効率化やモチベーションアップにつながった」と回答している。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成29年5月15日第3112号3面

あわせて読みたい

ページトップ