業務上腰痛 月曜と午前に集中して発生 起因物は「なし」半数 労働安全衛生研究所

2021.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

保健衛生業が3割占める

 業務上の腰痛は月曜日、午前9~12時に集中して発生する傾向にあることが、労働安全衛生総合研究所がまとめた報告書で分かった。月曜日に2割、9~12時に4割が発生している。腰痛を引き起こした起因物は「なし」が約半数、「荷姿の物」が約4分の1だった。業種別では、保健衛生業が最も多く、31.3%を占めている。次いで商業が16.5%、製造業が15.0%、運輸交通業が13.8%となった。業務上腰痛は業務上疾病の約6割に上っており、予防が課題となっていた。…

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
令和3年11月8日第3328号3面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。