DX推進セミナー 分業化が若手早期育成にも 中部経産局

2021.11.01 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 経済産業省・中部経済産業局は、ものづくり企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進をテーマとし、経営者層対象のセミナーをウェブ開催した。推進の好事例として、同業者と組んで効率的な金型づくりを進める㈱ウチダ製作所の森光賢代表取締役が、平成29年からの取組み内容を発表した(写真)。

 森社長は金型メーカーの抱える課題として、受注量が安定せず稼働率を上げられない点を指摘。「付加価値が小さくなり給料を上げられない。技術者がIT業界等に奪われ続ける」との懸念があったとしたうえで、遠方の同業者とIoTデバイスでつながり、短納期化を実現した経緯を紹介した。設計の分業化で集中的に経験を積めるため、若手の早期育成にもつながったとしている。

令和3年11月1日第3327号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。