少人数は個室型OK トイレ設置基準を見直し 厚労省審議会が答申

2021.10.28 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の労働政策審議会は、「事務所衛生基準規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令案要綱」について厚労大臣から諮問を受け、おおむね妥当と答申した。事務室の作業面の照度基準が引き上げられるほか、作業場における便所の設置基準を見直す。男性用と女性用を区別して設ける原則などは維持する一方、労働者が10人以内の場合、例外的に独立個室型の便所1つを設置することで足りるとした。厚労省は答申を踏まえ12月上旬の施行に向けて速やかに省令改正を進める(照度基準は2022年12月1日)。

 事務室の作業面の照度基準については、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2021年11月1日第2389号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。