パワハラ対策義務化へ 相談体制含む必要な措置 厚労省審議会が答申

2019.03.13 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 厚生労働省の諮問機関である労働政策審議会は、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律等の一部を改正する法律案要綱」についておおむね妥当と答申した。今回初めてパワーハラスメント防止対策の法制化が盛り込まれており、事業主に対しては、労働者からの相談体制の整備など、雇用管理上の措置義務を設けている。また、それらの実施を図るために必要な指針を定めることを明確にした。パワハラに関する労使紛争では、都道府県労働局長による紛争解決援助などによる調停の対象とする考えだ。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成31年3月15日第2326号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ